dstat が便利

dstat という vmstat, iostat, netstat, nfsstat, ifstat 用の置き換えとして使える多機能ツールがあることを知ったので、CentOS でさっそく試してみました。 まず、インストール方法ですが、公式に dstat パッケージが提供されているので yum 一発でインストールすることができます。 $ sudo yum install dstat /usr/bin/dstat にインストールされます。 dsat は多機能ツールですが、使い方は dstat –help するとたくさん表示されます。 まず、オプションを指定しないで実行してみます。 $ /usr/bin/dstat —-total-cpu-usage—- -dsk/total- -net/total- —paging– —system– usr sys idl wai hiq siq| read  writ| recv  send|  in   out | int   csw 2   0  96   1   0   0|  58k  441k|   0     0 | 188B  176B| 206  1473 0   0 100   0   0   0|   0     0 |3780B  974B|   0     0 |1068  2916 0   0 100   0   0   0|   0     0 |8356B 2943B|   0     0 |1070  2865 CPU、ハードディスク、ネットワーク、ページング、システム、それぞれの状態が1秒ごとにまとめてカラー表示されます。これは、なかなか分かりやすい表示です。 次に、CPU の使用率のみを表示してみます。 $ /usr/bin/dstat –cpu —-total-cpu-usage—- usr sys idl wai hiq siq 2   0  96   1   0   … Continue reading dstat が便利