このエントリーをはてなブックマークに追加

gitconfig を github で公開して管理する方法

今日から、gitconfig を自分のドットファイルに含まれて、github で管理し始めました。
最初のコミットで誤って gitconfig の中に github の API トークンを含めてコミットしてしまいました・・・。すぐに API トークン部分だけを削除して、github 上からパスワードを再設定して API トークンを再作成しました。

どうやって、gitconfig に github の API トークンを含めようかなと思い、検索してみると ERB でやっている強者がいました。もっと、エレガントな方法がないものかと思ってさらに調査してみると、Pro Git に素晴らしい情報を見つけることができました。

Pro git によると gitconfig は、次の順序で読み込まれるようです。

  1. /etc/gitconfig
  2. $HOME/.gitconfig
  3. $HOME/.git/config git リポジトリの .git/config

ということで $HOME/.gitconfig を github 上で公開して管理するようにして、$HOME/.git/config /etc/gitconfig を作成してその中に github の API トークンを含めることにしました。

この状態で、git config -l してみると、ちゃんと設定はされているようで安心しました。

.gitconfig に include が追加されると、かなり便利なんですけれど、今はそのオプションはない模様です。

 

2012.03.28: 追記

@hirose31 さんの指摘により、一部修正しました。