Browse Month: May 2004

違い

渡辺さんの Blog に、JTPA SV Tour でお友達(?)になった後藤さんのメールが紹介されています。

かなり、刺激をうけてしまいましたので、紹介します。

このメールを読んで、私は「梅田さんが、SV Tour に参加していた人の中で成功する人がいるとすれば、せいぜい1人いればいいほう、2人いればかなり優秀なほうだ。」といっていた話を思い出して、それはきっと後藤さんなのかもしれない、と思った。

私は、Tour 以来、梅田さんのこの一言が忘れられません、いやきっと成功するのは自分のはずだ、と思ったり、この程度で成功するとでも?、と思ったりもします。

いつも思うことは同じ、同じ時間の流れの中でこうも体験している内容の濃さが違っているのをみると、違いを感じるのです。それも、遙かかなたに・・・。あまりにもなさけなくて、自分を失ってしまいそうになるのです。

「負けたくない。」、「幸せになりたい」、誰もが思うことを強く強く念じて、行動するしかない。

それしかありえない、と今までぬるま湯に浸かっていた(今も浸かっている)自分を、熱湯に浸からせるための行動をするしかないのです。

また、後藤さんにあってお話をしたいな、ふとそんなことを思いました。

著作物

山岸編集長の Blog より、CNET で公開されていた梅田さんの雑記帳がプライベートモードに変更されたようです。山岸さんの Blog によると、最近著作物の私用利用について考慮したためだそうです。

Continue Reading

TOEIC

何度目かの英語実力テスト TOEIC を受けてきました。この TOEIC は定期的に英語の実力を確認するためには、すばらしい試験だと思います。他にも、英検、TOEFL などありますが。

さまざまな、英語勉強の解説書、Blog から、英語はスポーツに近い(あるいはそのもの!?)という内容に、とても同感だと思っています。まさに、スポーツ、勝つか負けるかの試合なのです。(ちょっと、違うかもしれないが)

今までの英語勉強の中でもっとも重点をおいたのは、Input 側つまり listening 力の強化です。聞き取れないことには何も会話できません。最初は dictation をやりました。これは、Script をみないで、会話の内容を書きとめていきます。聞き取れない部分があっても、会話の内容は最初に戻さないで最後まで聞くのがコツらしいので、何度も聞き取りながら書きとめていきます。(今もやっていますが。)

そんなところで話題は戻って、本日の TOEIC のお話です。

Continue Reading

ThinkPad

毎日、Windows や FreeBSD で遊んでいる ThinkPad が調子悪いのです。

それは、たまにキーボードがきかなくことがあるのです。

どうやら、原因はハードウェア的におかしいとところまでは分かって、キーボードをつけなおしたりしてみましたが、状況は変わりません。

問題はないときもあるし、起動直後からきかないこともあるし、使っている途中できかないことがあるし、本当に困ります。

ちなみに、きかないキーは全部というわけではなく、1, 2, 3, 4, 7, 8, 9, 0, Home, End, Insert です。よく分からないので修理を申し込んでみました。修理現場で現象が再現して、なおってくれればいいのだけど。

それにしても、毎日使っているものがなくなることは、とてもさみしいことなのです。

Monster

今初めて知ったのですが、Monster というコミックがアニメ化されて放映されるようです。

こちら

ずいぶんと前にはまった漫画ですが、かなり面白かったです。

なんと放映時間が午前1時からという、とても録画でないと見れない時間ですが、チェックしたいと思います。

この時間まで仕事をやらなければ、このことはきっと知らないままだったでしょう。

Positioning Statement

先日、Ask Naotake! で質問をしました。その回答が、Scott Voceに書かれています。

実は、私もこんな言葉はあるわけないのかなー(!?)と思いつつ(すいません….)、NAOTAKE 先生ならでは回答を期待していました。私の期待どおり、NAOTAKE 先生は、とてもご丁寧に回答していただきました。本当にありがとうございます。

つまり、「こいつは、デキル。」と思わせるには、「こいつは、自分を知っている!」あるいは「こいつは、こんなにも自分を説明できのか、すごいな!」を相手に示すことが、とても重要という回答というか、大変ありがたいアドバイスをいただきました。

Positionning Statement…はじめて聞く言葉ですが、日本語に訳せそうもないのでやめておきます。エントリーをみると、この言葉の意味がよく分かります。自分が今まで何をやってきたのか、何に興味があるのか、といったことを高々に宣言する(!)声明だと理解しました。今まで何をやってきたのか、ここで説明しなさいと、今自分に質問してみましたが、えーとっ・・・でつまってしまいます。;) –

普段の考えなくても答えられそうな質問ほど、実際に人に説明するとなると難しいと感じました。さらに、今何に興味をもっているか、も同時に説明しないといけないとは、本当に困ってしまいます。

エントリの最後にありますが、「自分のキャリアを深く考えるきっかけとなるはず」というアドバイスはその通りだと思います。じっくりと考えて、この Blog の About me(作成中…)にのせたいと思います。

NAOTAKE 先生には、また英語の質問をしたいと思っています。「お疲れ様」に続く、大ネタをめざして質問を考え中です。

それと、個人的には CAG の体験記も期待していますが、 Wired NextFest 2004 の感想も期待していますので、よろしくお願いします。

# 本当に考え続けることは大変だけど考え続けることをやめてしまえば、進化が止まってしまう、と痛感する今日この頃です。

The Texas Chainsaw Massacre

先月、The Texas Chainsaw Massacre を観てきました。二日連続で映画の感想ネタというのも、なんともなさけないですが。

この映画は、悪魔のいけにえのリメイクした映画です。1970年代(だと思った)、アメリカのテキサス州で実際に行った実話を描いた作品です。あらすじは、googled すると分かりますが、テキサス州にドライブにいった若者5人がレーザーフェイスと呼ばれている殺人者に襲われるというホラー映画です。

この映画を最初に観たのは高校生のとき、高校時代はホラー映画ばかりを観ていたのですが、その中でもかなり面白い作品でした。この悪魔のいけにえという映画はシリーズ化されて、何本かありますが、特に最初の作品がとてもよかったです。どこがよかったかというと、途中で主人公がレーザーフェイスに捕まる場面がありますが、このときの恐怖におののく主人公の顔がとても演技に見えないところに鳥肌を感じたところです。

今回の作品は、リメイク前の作品と比べてグロテスクなシーンは少なめでしたが、レーザフェイス以外の登場人物から別の恐怖を感じました。リメイク前の作品と比べて、レーザフェイス以外の登場人物が目立っていた感じもありました。最後はどうなったのかは内緒にしておきますが、次もあるかもしれません。

また、公式サイトに使われている音楽がいいと思いいろいろと調べてみたのですが、結局なんていう曲なのかよく分かりませんでした。さらに、この音楽はサウンドトラックにも入っていないので、私と同じで気にしている人がけっこういたのも印象的でした。

最後に、こんな映画でしたので友人を誘ったのにかかわらず断られてしまい、一人で見にいったのですが、誰も観客がいませんでした(笑)。はじめて、映画館を独り占め(!)という貴重な体験も同時にさせてもらいました。

Kill Bill vol.2

連休中に、Kill Bill vol.2 を見にいったので、その感想を書いておきます。

vol.2 は、いよいよ Bill に復讐を果たすだろうと思ったので、vol.1 に比べてもっと激しいスプラッターシーンがみれるかなと思ったが、まったく見れなかった。vol.2 は、vol.1 と違ってゆったりと展開していく映画であった。そういう中 vol.1 から引き続いたものと言えば、HANZO Sword くらいなものでしょう。

Chapter 構成が前作と同様なのだが、Chapter 構成の意図がよく分からなかった。過去を振り返ったり、過去かなと思ったら現在だったり、現在かなと思ったら過去だったりしました…。

vol.2 の舞台は中国(?)ということで、いかにもといったカンフーの達人の方に XXX が弟子入りしたりするが、この場面も vol.1 の舞台である日本と同様にいかにもといったシーンにしてあるのはさすがだと思った。

Kill Bill を通して振り返ってみると、話の流れや展開はむちゃくむちゃっだったが、あえてその中で新たな Enertiment を生みだそうといった意欲を感じた映画でした。

Blog Theme

これから、Blog で書きたいテーマについて、メモしておく。

・Kill Bill 2, THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE を見てきたので、その感想。

・自分のこれからについて、考えたこと、調べてみて分かったこと、行動したこと。

・英語について

やっとうまくいきました

CSS と格闘した結果、なんとか五分の戦いになってきました。とりあえずこのデザインを基本として、他のページを作る予定です。今まで、このページをどうしようか考えてきたので、メモしておきます。

About サイドメニュー

・About me: self-introduction を書く予定です。具体的には決まっていませんが、中学校時代の恩師の言葉を載せたいと思っています。(引っ越しの準備をしているとき、出てきました。)今読んでもとてもすばらしい言葉なのです。

・Archives: 言葉のとおり、いままでの Archive をのせたいと思っています。今までのエントリを、月別、カテゴリ別、日別、にわけてあるので、そのページです。

・News: 自分がチェックするべき News を RSS で列挙したいと考えています。日本語のニュースは、bulknews、英語のニュースはNewsIsFreeが、こういった用途には向いているようです。

・Links には、自分のブックマークを入れたいと思います。2台のコンピュータを使っていると、ブックマークの移動が面倒なのでなんとかならないと考えています。

その他、やりたいこと

・Photo Galley みたいなものをのせたい。

・自分が今までに読んで本、勉強した本の紹介などもどうかな、かなり面倒だと思うが。

・たまにチェックした場所のライブカメラ情報のページを作りたい。

  • 1
  • 2