Browse Month: March 2005

Googleplex Working Style

Google plex Working Styleという記事があります。Google の実際の職場環境が分かる非常に貴重な記事だと思います。

すでに有名なお話である Google では勤務時間の 20% を自分の興味のあることをしているというのは本当らしいですね。

今の会社で、20% も別のことをしていたら首になってしまいそうですが、とても興味深い試みだと思います。僕が思うのは、どんな常識から逸脱した方法でもパフォーマンスをどれだけ発揮させるかということが重要だと思うのです。

Longhorn Schedule Updated

./より、Microsoft 期待の新生 OS である Longhorn のスケジュールとスクリーンショットが更新されています。

スケジュールの方は、May, 2006 あたりに製品版として発売されそうです。やはり、新ファイルシステムの WinFS は遅れていて製品版の後に追加パッケージとなりそうです。

また、期待の Desktop Search は Explorer に完全に統合されていることがスクリーンショットを見ると分かりますね。

Eclipsecon 2005

すこし前に開催されたEclipseCon2005ですが、EclipseCon2005で基調講演した Tim O’reilly 氏の資料がここからダウンロードできます。

内容については、ここが参考になると思います。

一度は、Tim O’reilly 氏の基調講演を聴いてみたいと思います。それには英語をがんばって勉強しないといけませんね。

Adobe Reader 7.0 for Linux

今までは、Linux 版の Adobe Reader は 5.0 で止まっていましたが、最新バージョンの 7.0 が登場しました。

すでに Adobe Corp. の FTP Server からダウンロード出来ます。rpm package と tar ball があります。

まだ試していませんが、日本語の表示はできないかもしれませんね。

Adobe re-discovers Linux with Reader v7

http://www.theinquirer.net/?article=22070

Firefox & Thunderbird 1.0.2

先日、Firefox & Thunderbird 1.0.2 にアップグレードしましたが、zip archive を使っている人は要注意です。1.0.2 にアップグレードすると installer 形式にてインストールされるのでインストールされる場所が変わってしまいます。

その状態で、元の Firefox & Thunderbird を起動するとエラーになります。

chase’s blog – Wondering why there are no .zip files for the Fx and Tb 1.0.2 releases?

http://weblogs.mozillazine.org/chase/archives/2005/03/wondering_why_t.html

さまざまな道

ずっとこれからの道を考えています。いろいろな人の歩んだ道、これから歩もうとしている道を聞きながら、自分はどの道を歩んで行くのか模索中です。そもそも自分は何をしたいのかという原点の質問に返って考えてみる必要がありそうです。自分がしたいことなら、なおさら動機付けも強くなるはずです。

あまり関係ないですが、今日は悪天候なのでなんだかすっきりしませんね・・・。

E-mail Address Changed.

今週末に、インターネット環境の変更に伴い現在のメールアドレスが使用不能となってしまうため、さまざまなサイトに登録してあるメールアドレスに変更しました。

MTA は、Thunderbird を使っていますが、新しいメールアドレスで新規にアカウントを作って前のメールアドレス情報をがんばってコピーし終えた後、よく考えてみれば現在のメールアドレスの設定を新しいメールアドレスに変更すればいいことに気が付きました。

Thunderbird で新規に作ったアカウントを削除して、現在のアカウントのメールアドレスを変更して、無事設定の変更を完了しました。

Message Filtering の設定もしっかりと変更されているようです。さすが、Thunderbird ですね。

Pukiwiki

今日は、さまざまな情報をまとめるため思いきってPukiWikiを使おうと思いたってさっそくカスタマイズをはじめました。今日はメインのレイアウトまで終わることができました。カスタマイズは一気にやってもうまくいかないので、すこしずつ気になる所を変更していく形にしていきたいと思っています。

PukiWikiのカスタマイズは、このページが参考になりました。