Browse Month: September 2006

screen で、cd したときに ls する

naoya の日記 で話題となった開発サーバのコマンドの履歴を調べてみました。開発サーバは、先週再構築したのですが、結果は次の通りでした。


8 ls

4 cd

3 svn diff

3 ps ax

2 w

2 svn diff

2 screen

2 less preexec

やはり、ls する傾向が多いようです。

そこで、naoya の日記 の cd するたびに ls するように設定してみました。

以前、screen で実行したコマンド名を screen のウィンドウ名に設定するようにしていたので、同じ zsh のファイル (preexec) に chpwd 関数を追加して、あっさり設定完了。これで、cd するたびに ls されるので便利です。ただし、ファイルの数が多いと困るかもしれませんが、それは困ったときに考えたいと思います。

ファーストフードが世界を食いつくす

ファーストフードが世界を食いつくすという本を読みました。この本は、会社でスーパーサイズミーというファーストフードを一ヶ月間食べ続けたらどうなるか監督自ら実験した映画の話題がでたときに、社長からこんな本があるよと紹介された本です。

この本は2001年と古い本ですが、今のファーストフード業界にもあてはまるような気がします。

この本を読んで、初めてアメリカに行ったときのことを思い出しました。初めてアメリカに行ったのは、シリコンバレーツアーのときでした。サンフランシスコ空港に到着すると、そこにはたくさんの肥満なアメリカ人がいました。見る人見る人、とても太っているのです。この光景には圧巻しました。やせているアメリカ人を見かける方が少なかったと思います。

この本を読んで、たしかにファースフード業界にも問題がたくさんあるけれど、ファーストフード業界はただ儲けるために一生懸命になっているなのだと思います。ただし、人の健康を考えずに。。。このことは大問題であるけれども、人々には食べ物を選択する自由があるはずなので、必ずしもファーストフードを口にしなくてもいいわけです。

ファーストフード業界の広告や戦略には、負けずに立ち向かう判断力も、すべての人にもちさえすえば、ファーストフード業界も人々の健康を考えるきっかけになるのかなと思いました。

アメリカには、文字が読めない人がたくさんいるらしいのですが、この本をなんとかして広まっていけば肥満の人々も必ず減ると思います。

ただ、僕も中学生の時は毎週マクドナルドでみんなでハンバーガーを食べていました。ゲームセンター→マクドナルドというコースが当時の王道でした。今では、スーパーサイズミーという映画を約2年くらい前に見てからは、マクドナルドにははいったことがありません。ただ一度だけ、母が二ヶ月前にマクドナルドのハンガーバーを買ってきたので、ついつい食べてしまいました。。。

もう僕はマクドナルドで食事をすることはないと思いますが、この本で好評だったインアンドアウトというハンバーガ屋には行ってみたいです。

ファストフードが世界を食いつくす

1R男を読んだ

1R男を週末読みました。読みはじめると、ぞくぞくとする感じがあって一気に読みました。

感想を一言でいえば、「こんなすごい人が、この世界に存在しているのか。」という感想です。

大きな成功をしている人は、必ず大きな失敗をしている、その大きな失敗をしているときの対応方法が本物かどうか試される瞬間なのかなと思います。

さらに驚いたのは、1R男にうちの会社の社長も友人として、最後の方で登場していました。他のベンチャー会社の社長さんもみんな1R男の著者杉本さんと友達のようでした。

たぶん、これはベンチャー特有の性質だと思いますが、ベンチャー同士はたとえ同じ業種であっても不思議といい友達みたいに横につながっていることです。特にベンチャーの社長通しで勉強会を開いたりして、交流を深めていることもあると聞いています。

ぜひとも、うちの会社の社長にも本を買い手ほしいと思います。そして、その本にすこしでも僕のことが書かれるように、自分ももっと活躍したいと決心しました。

1R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語

SVN で管理対象外のファイルを設定する方法

SVN で、SVN で管理したくないファイルを設定する方法についてまとめておきます。CVS の場合、.cvsignore というファイルを書いて、そのファイルを追加するだけで管理したくないファイルを追加することができます。

SVN の場合も、とても似た方法で管理することができます。

  1. SVN リポジトリ上に .svnignore(ファイル名はどんなものでも大丈夫です)を追加します
  2. そのファイルの中に管理したくないディレクトリ名やファイル名を追加します
  3. あとは、 svn propset svn:ignore -F .svnignore . というコマンドを実行します
  4. 最後に、svn commit するだけで .svnignore に追加したディレクトリやファイルを無視することができます

Development Environment Conference 資料を参考にして開発環境を改善してみた

少し前になりますが、shibuya.js で Development Environment Conference が開催されました。このイベントは、なんと3分くらいで定員120名がすべて埋まってしまった大人気のイベントだったのですが(僕も行きたかった、ちなに僕は受付開始から6分後ぐらいに申し込んでみようとしたがだめでした。。。)、資料がすべて公開されています。資料は、僕のブックマークにまとめておいたので参考にしてください。

というわけで、この資料をすべて読んでいくつか自分の開発環境を改善してみました。

1. screen の導入

今更という感じがありますが、screen を導入してみました。ただし、Poderosa + screen + emacs の組み合わせ使うと emacs の再描画がおかしい(screen のステータスバーを考慮していない描画がされているっぽい)ので、Putty + screen + emacs の組み合わせに変更しました。

(すでに、zsh は使っていましたが、screen と zsh の連携でステータスバーにプロセス名を表示するハックの設定はリンクがなくかなり苦労しました。)

2. フォント

miyagawa さんのおすすめフォント Consolas を導入しました。ブラウザのデフォルトフォント、Putty まで設定して、とてもプログラミング向けのフォントとしてはかなりいいです。

3. Kbd Acc

Kbd Acc というキーボードアクセラレータを導入しました。僕は Windows をインストールした後は、キーボードの速度を最大にしますが、このソフトウェアを導入したことでさらにキーボードの入力が加速していい感じになりました。

おすすめの設定は、デフォルトの設定ぐらいがいいです。

ただし、Kbd Acc がインストールされていないコンピュータを使うとかなりフラストレーションがたまります(笑)。

4. Wheel Transparent

ウィンドウを半透明にするソフトウェア Wheel Transparent を導入しました。もちろん、透明度は 82% です。w

このソフトウェアの設定で、ウィンドウのタイトルバーをミドルクリックしたときに半透明にするように変更しました。

たまにウィンドウが重なって不便なときに重宝しています。

5. eClip

クリップボードの履歴をインクリメンタル検索できる eClip を導入しました。このソフトウェアは、タスクバーに常駐しますがよく常駐させてるのを忘れてしまうため、あまり使ってみません。

たくさんの資料を見ながらいろいろ設定したのでかなり大変でしたが、一通り設定できてよかったです。

ただ、開発環境の改善というのは一度きりでは改善が止まってしまうので、時間を作って開発環境の改善を引き続きしてこのブログに公開できればと思います。

今のところ、考えているのは次の改善です。

・Emacs + Gtags で、PHP プログラムを読む環境の改善

・Zsh + Screen の設定を見直して、さらに便利な使い方を学ぶ

Apple Special Event と Wii Preview を見た

今週は、Apple より Apple Special Event と任天堂より Wii Preview と二つの大きな発表があったので、さっそく映像をチェックしてみました。

Apple の方は、たしか初めて iPod シリーズが同時に一新されて、初めて未来に登場する製品 iTV のアナウンスがありました。このアナウンスには背景があったようです。

Wii Preview の方は、ゲーム人口を増やすという企業理念のもと Wii のコンセプトの紹介とデモがありました。特に面白かったのは、天気チャンネルです。なんだか、Google Earth に似ていましたが、きっと Google も Google Earth に天気予報をいれてくることでしょう。

Apple と任天堂、この企業はどちらもハードウェアに付加価値をつけてハードウェアをビジネスにしている会社です。ともにとても苦しい時期がありましたが、今ではそんなことを感じさせない成長ぶりです。

こんなことを感じているのは、きっと僕は最近 iPod と DS をもっているので、少し舞えなら考えらなかったことだなと思います。どちらもほしくて買ったものですので、まさに企業のビジネスがうまいということにつきると思います。

一つの徹底したコンセプトを考え抜いて答えを出す。この二つの企業に共通するのは、この点につきると思います。

LIKE NO OTHER

LIKE NO OTHERというNBAのスパースターシャキール・オニールのDVDが発売されます。 

実は、僕は隠れNBA LAKERSファンなのですが、LAKERSの全盛期時代はこの人のおかげでしょう。その証拠に、シャキール・オニールが抜けたあとはFinal進出ぎりぎりでした。

というわけで、さっそく予約してみました。

シャキール・オニール LIKE NO OTHER 特別版

New Desktop PC

家で使っているデスクトップ PC が古くなってきたので、新しい PC に交換してみた。今回は、自分で CPU とか取り付けたいと思ったことと、部屋がせまいのでキューブ型 PC がいいと思ったのでチョイスしました。

組み立て前の様子

簡単に今回チョイスした Desktop PC の仕様です。

  • PC: Shuttle XPC SD37P2
  • CPU: Intel Core Duo2 E6600
  • Memory: DDR2 2GB(Bulk)
  • HDD: HDT 250GB x2

その他、DVD RAM やら FDD やら Video などをチョイスしましたが、予算上全てバルク品です。

また、この PC は、常時稼働の自宅サーバマシンとして使うので冷却も考えて、CPU グリスをいいやつに冷却シートを張ったりしました。

基本的に PC は、CPU や Memory の取付ですぐにすむだろうと思っていたのですが、案の定はまってしまいました。

まず、CPU の取り付け。CPU は Intel Core Duo2 Box のものをチョイスしましたが、この CPU は他の CPU と同じでグリスをぬって CPU ファンに取り付けます。このグリスがけっこうくせものでおおすぎると PC が起動しないことがあります。また、CPU だけ取り付けて PC の起動を確認した後、すぐに DVD ドライブや HDD を取り付けるために本体を斜めにするとグリスが CPU コアの外側にもれてしまったせいか、起動しないこともありました。最初、CPU の古いグリスを拭き取る時にティッシュを使ったのがいけないのかと不安でしたが、もう一度グリスをティッシュで拭き取ってからグリスをもう一度ぬって今度は本体を斜めにしないように注意しながら取り付けて無事起動しました。

さて、今後はインストールするぞと思っていたところ、なんと PS/2 コネクタがありませんか!?今の PC は、USB しかないんだって知りませんでした。。。そこでさっそく PS/2 USB 変換ケーブル Arvel AUO2PSG を買ってみたのですが、どうも PS/2 キーボードを USB に変換してもキーボードが使えないので、仕方がなく USB キーボードを買いました。

これはかなりの痛手です。

やっとこれで問題がなくなったので、これからインストール作業です。

「話を聞かない男、地図が読めない女」を読んだ

2000 年頃のベストセラーの「話を聞かない男、地図が読めない女」を読みました。

この本は、アマゾンの中古本で買うとなんと1円だったので購入してみました。

この本はいわゆる男と女の違いについて書かれていましたが、今までの自分の実体験と重なるところがあって面白い本でした。この本の結論は、「男と女はどっちかが優れているということではなくて、ただ違う」と書かれていましたが、この部分を読んで大企業と中小企業の違いと似ているかなと勝手に思ってしまいました。

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

ファミコン世代

たまには気楽なエントリです。

YouTube で、スターソルジャーというファミコンゲームの名人対決映像が紹介されていました。

僕もスターソルジャーにかなりはまっていた(16連射頑張った w)ので、すごくなつかしいです。

すごいいい勝負なのでぜひ見てみてください。

  • 1
  • 2