Browse Month: March 2007

RENT

映画 RENT を見ました。かなりのミュージカル映画だったのですが、次の一言が心にしみました。

未来も過去も無い −僕らはこの1瞬を最期のつもりで生きる

レント デラックス・コレクターズ・エディション

fetchmail を使ってみた

複数のメールを自分のサーバで一括管理したいと思って fetchmail をインストールしてみました。

fetchmail は通常インストールされていたので、設定だけ行いました。

僕は、gmail を使っているので gmail 側の POP 受信を有効にした後、$HOME/.fetchmailrc に次のように記載しました。

defaults

protocol pop3

no rewrite

no mimedecode

keep

mda "/usr/bin/procmail"

poll pop.gmail.com

port 995

user ユーザ名

password パスワード

ssl

この設定をしたあと、自分のサーバは Maildir 形式なので .procmailrc も必要になります。

次のように .procmailrc を用意しました。

PATH=/opt/local/bin:/bin:/usr/bin

MAILDIR=$HOME/Maildir

DEFAULT=$MAILDIR/

LOGFILE=$MAILDIR/.procmail.log

LOCKFILE=$HOME/.lockmail

最後に動作確認するために、次のコマンドを実行します。

$ fetchmail -v

-v すると、POP のログが出るのですが、pop.gmail.com にアクセスすると次のように出力されました。

fetchmail: POP3< +OK Gpop ready for requests from xxx fetchmail: POP3> CAPA

Gpop キター。

やっぱり、POP をカスタマイズしてあるのですね。

あとは、5 分おきに fetchmail を実行するように cron に登録しておけばいいと思います。

*/5 0-23 * * * /usr/bin/fetchmail -s

とあるセミナーに参加してきた

今日は祭日ということもあって、刺激をうけようととあるセミナーに行ってきました。

11 時から 16 時 30 分まで、休憩時間はなんと 30 分間とすこしきついスケジュールでしたが、たくさんの刺激をうけることができたセミナーでした。

以下、心に残った言葉です。意味不明な言葉も多いと思います。

・例え、失敗しても命までとられるわけない

・その先を読んで、そこで先人を築け

・生態系を形成して、生態系で勝負を挑め

・ともに同じ船にとっているという意識をみんなでもって、この船が沈んだらともに沈むというぐらいの気持ちをみんなでもつ

・いつの時代も変わらないモノに志しがある

・たまには、あえて離れてみることが大事

・いろいろな人に会って、たくさん話をしたりすることが、新しい体験となって成長していく

・説得しても人は動かないが、納得すれば人は動く

・本気だから涙を流せる

・失敗をほめる(例えば、次はもっと大きな失敗をしろよ!とほめる)

さあ、頑張ろう!!!

いくぜ!!1

今週の AERA

今週のAERA の表紙は、なんと YouTube 創業者の二人でした。インタビューも掲載されていて、とても面白かったです。やっぱり、YouTube はおそろしく純粋な気持ちで始めたんですね。

やればできる

やればできるを読みました。

とても読みやすい本で、すぐに読破しました。

今読み終わったところなのですが、読み終わった後の高揚感を大切にして、さっそく行動してみたいと思います。

次の言葉が心にしてみました。

・とにかくやってみる

・否定せずに、肯定的に考える

・己に挑戦する

・目標を持つ

・楽しむ

・良いことをする

・己の足で立つ

・忠実である

・人生を目一杯生きる

やればできる―人生のレッスン

アジャイルな開発

最近、とてもアジャイルな開発をしたいと思うことが多くなりました。
チームでともにビジョンを共有して、どんどん面白いウェブサービスを作ることができるのかやってみたいんです。

自分だけ調子のいいことだけを言っていても何も始まらないので頑張っていきたいなと思います。

CVS のすすめ

僕は、今まで自分のマシンで使っているドットファイルたちを SVN で管理していたいのですが、そのことを僕の会社の CTO に話したとき、ドットファイルは CVS で管理した方がいいよと言われました。

その理由は、CVS は枯れている技術のため、ほとんどのマシンでも入っているためということでした。

たしかに SVN で管理していたときは、SVN のバージョンが 1.4 系だったので SVN がインストールされているマシンや SVN 1.3 が入っているマシンがあったりと、とても作業が面倒でした。ドットファイルを checkout するために SVN 1.4 をビルドしていました。

というわけで、ドットファイルたちだけを CVS で管理させるようにしてみました。

CVS はもちろん SSH 経由で checkout するように設定しました。

CVS は以前使っていたのですぐに設定できました。

たしかに、ドットファイルのようにあまり変更されないファイルで、たくさんのマシンで使うときには CVS の方が向いていると思いました。

今の情報だと SVN を使うのが常識だと思いますが、ドットファイルのようなものは CVS で管理するのと便利だと思いました。

Best video about Google

Best video about Google という興味深いビデオがありました。

ビデオの内容を引用すると、次のような感じです。

Behind the Screen (a 47 minutes documentary, produced by SBS Broadcasting Group). Controversial issues, inside stories, discussions with smart people from Google and a speechless Marissa Mayer (that’s rare).

さっそく見てみたのですが、Google キャンパスの様子やインタビューなど Google に興味のある人は必見のビデオだと思います。僕はこのビデオを見てBook Search の図書館本をスキャンする装置を見ることができたのがよかったです。

# Google Video をブログにはりつけるためのコードは、とても分かりにくい場所にあるんですね。