Browse Month: April 2007

なかのひと

試しに設置してみました。

これはなかなかいいアイディアのサービスだと思います。

Map

Starcraft2

いよいよ、来月から Blizzard から Starcraft2 が発売されるようですね。

久しぶりに PC のゲームにどっぷり浸かるのもいいかもしれませんね。

starcraft2

詳しい情報は、この記事を参照してください。

「脳」整理法を読みました

最近、自分の情報処理能力がオーバーヒートしているような気がして「脳」整理法を読みました。

僕は、たくさんの情報をいかにして処理するかについて書かれている本だと思っていましたが、すこし違った観点で書かれている本でした。

いくつか今後の自分に参考にしたいヒントを見つけることができてよかったと思いました。

・自分から行動する

・小さな成功体験をもつ

・欠点も自分の長所

「脳」整理法

Virginia Tech massacre 16.04.2007

この事件の関係者に、ご冥福をお祈りいたします。

今後、二度とこのような事件が起こらないことを祈っています。

プロフェッショナルとは何か?

友達から、NHK プロフェッショナルで、MIT メディアラボの石井教授の放映ビデオを借りました。

まさか、MIT メディアラボに日本人がいたことにとても驚きましたが、それにしてもすざましい重圧の中で生きているという感じが伝わってきました。

番組の最後で、プロフェッショナルとは何かという質問の答えに涙が出てきました。
石井教授曰く、

自分がこの世からいなくなったあと、その未来の世界にどういうよい影響を与えられるか、インパクトを残せるか。そこまで真剣に考えられる人だと思います。

k

本を読んだ

今週末は、時間をとって本を二冊読んでみました。

まず、一冊目は CA 藤田さんと米倉教授の対談本「企業ってこうなんだ!どっとこむ」です。

この本は、対談本なのですが、CA 藤田さんの企業家としてすごいところが要所要所に出ていました。

一番印象に残ったのは、昨年の CA 新入社員 120 名くらいの名前と顔を全部覚えているというエピソードです。しかも、藤田さん自らどうしても CA に来てほしいと説得するという話には驚きました。CA ぐらいの規模になると、人員関係は自分だけでは手に負えないと思うのですが、藤田さんは自分でやりたい、人が企業にとってはすべてと思っているためにできるそうです。

「企業にとって人がすべて」という藤田さんの考え方には共感します。

起業ってこうなんだ!どっとこむ

次に読んだ本は、今北さんの本「ビジネスの脳はどうつくるか」です。

この本は今北さんが考える自分にとっての仕事のあり方、接し方について考えらさせられました。

この本を読んでたくさん印象に残ったことがありますが、僕は昨年までの安定した生活を捨てて「夢と冒険」を求めて小さな会社に転職しました。早いものでもう半年くらいたちますが、僕も今北さんと同じでたまに前の会社から戻ってこないかという夢を見たことがありました。

ですが、ここでまた安定した生活を求めてしまうと、たぶん自分が本当に何がしたいのか、天職が見つからないような気がしています。夢を見るくらいですから戻りたいなと思ったことがありますが、それ以上に今の自分で考えて行動するという環境は、毎日刺激にあふれています。

僕は今北さんが本の最後の方で問いかけてくれる「あなたは仕事は楽しいことだと思っていますか?」

という質問には、心のそこから「絶対そう思っています!」と答えられるように自分の道を見つける努力をしていきます。

ビジネス脳はどうつくるか