Browse Month: June 2008

プロバイダのコース変更

しばらく、グローバル IP アドレスを発行してくれているプロバイダで、月々 \1,500 円のサービスを使っていたが、引越しを機会にプロバイダのコースを見てみた。
そうしたら、ウィルスチェックなどのサービスを省いたグローバル IP アドレスだけを発行してくれるシンプルな月々 \500 円のサービスが新登場していた。
おそらく、会員には何のメール通知もなかったと思いますが、とても安いし、グローバル IP アドレスだけの発行で充分なのでコース変更できるかと思いきや、前のサービスを解約してから再度申し込みしないといけないらしい。
めんどくさいが、コスト削減のため既存のコースを解約して、すぐ \500 円のコースに申し込んでみた。
すぐに接続アカウントが発行されるので、とても簡単だった。しかも、コースを解約したことにより初月は無料になった。
すばらしい!
というわけで、たまにはプロバイダのコースを確認してみることをおすすめします。

Even Faster Websites

先日、ベイエリアで行われた Google I/O のセッション一覧が公開されています。この一覧を見るには、Google アカウントが必要で Google Sites になっていますね。

その中で、Event Faster Websites という YSlow の作者講演も公開されています。実際にパーフォマンスを計測デモも公開されていて、とても興味深いです。

 

あわせて資料も公開されています。

 

 

アップルとグーグルを読んだ

今日、ふと本屋に立ち寄って衝動買いしてしまった「アップルとグーグル」をいっきに読んでしまった。この本は、タイトルのとろいアップルとグーグルという二つの企業のことについて書かれている本です。また、最近のアップルとグーグルの動向もかなり詳しくまとめられているので、ウェブの世界の復習にもなると思います。

最近の僕の生活を振り返って見ると、毎日必ずこの二つの企業が作ったものに触れています。朝通勤するときに音楽を聞く道具は iPod Touch、会社で使うパソコンは MacBook、さらにインターネットで調べ物をするときにはグーグル、僕は1日にいったい何回検索するか分かりません。さらに URL を知っているページでもグーグルで検索してしまっていてこの依存度がかなりやばいと思います。

これからもこの二つの企業からは目を放せません。これから自分たちの生活がどう変わるのか、この二つの企業がやってくることにインパクトを受ける人はたくさんいると思います。

僕は、このウェブ業界のプロフェッショナルとして生きてきて約2年ほどになりますが、最近自分で何かを生み出すというよりもさまざまな道具を使ったりその道具をすこし改良してばかりいます。自分が作るものよりも、もっと出来のいいものはアップルやグーグルをはじめ誰かが提供してくれている、まずそんなふうに思えるようになってしまいました。

この本を読みながら、やっぱり「何ができるかではなくて、何をしたいのか」が本当に大事なんだと改めて感じることができました。

アップルとグーグルに興味のある人からすぐに読めるので、おすすめです。

 

アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者