Browse Tag: book

Amazon Web Services 実践入門を読んだ

遅くまきながら、大人の事情で献本していただけなかった(笑)「Amazon Web Services 実践入門」を買って読みました。

タイトルのとおり、まさに AWS を実際に業務で使う上で必須の本になります。

内容的には、アカウント開設から、EC2、Route53、VPC、S3、RDS、ELB、CloudWatch、IAM、といったウェブサービスを AWS 上で展開するにあたっての必須となるサービスについて、ウェブコンソール上での操作方法、コマンドラインでの操作方法、それぞれまとまっており、とても分かりやすい内容でした。出力画面数も、大変数が多く、解説もとても分かりやすい内容でした。

普段から AWS を使っている人も、きっと改めての再確認やもしかしたら知らないこと・忘れていることを再確認できる本になると思います。
ちなみに僕は、この本を読んで 次のことを改めて知りました。

  • CloudWatch で EC2 t2 シリーズの CPU クレジット状況を取得できることが分かった(というか忘れていました)ので、さっそく設定しました!
  • EC2 は、stop / start すると、物理的には違うサーバが起動する

おそらく、この時期ちょうどウェブコンソールが日本語化されて大変だっただろうと推測されます。執筆者の皆様、大変お疲れ様でした。今年、入門の次の続編が出ることを期待しています!!!

AWS の進化は、ご存じのとおりとても早いですが、この本の内容は今らでも買っておいても損はないと思います。

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)
舘岡 守 今井 智明 永淵 恭子 間瀬 哲也 三浦 悟 柳瀬 任章
技術評論社
売り上げランキング: 7,067

[書評] サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集〜可視化編

大変遅くなりましたが、@yoshi_ken さんから、サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集〜可視化編を献本させていただきました。

この本は、Fluentd、Elasticsearch、Kibana、について現場での実際の使われ方などについて書かれたムック本になります。
Fluentd といえば、最近 Google の Kubernetes と Compute Engine の標準のログコレクタに採用されたことで有名ですよね。

この本は、大きく分けて特集4に別れていますので、それぞれの感想を書かせていただきます。

【特集1】

第一章 はじめに
この本の構成概要になります。

第二章 サービス改善に必要なこと
なぜ、サービス改善に「ログ」が必要なのか、コーヒーショップのエンジニアになった視点から書かれています。改めてサービス改善での「ログ」の重要性が分かるよう内容となっていました。

第三章 なぜ可視化なのか
「ログ」を分析し、意志決定するためになぜ可視化が必要なのかについて書かれている章でした。可視化、重要ですが、どのような可視化するか、状況によって大きく異なってくるので、自ら創り上げたいものです。

第四章 ログデータ入門
具体的なログデータとして、どのようなログデータがあるのか、第二章のコーヒーショップを例にとって説明されている章です。
ログデータも、ウェブサービスごとにまったく異なっているため、事前にサービスをリリースする前にどのようなログをとっておいたのかよいのか、すぐには使わない情報でも、将来的に必要となってくるログデータもあわせて、最初に整理しておくことの重要性に気がつかれます。
特にログは、実際にウェブサービスをリリースしたあと、既存のログを変更するのは、なかなか難しいことが多いので(※実際に個人的なにもこの事象に遭遇したことがあります)、事前のログの整理もウェブサービスの成功の一つになってくるのではないかと思います。

第五章 はじめての Fluentd、Elasticsearch、Kibana
実際に vagrant 経由で、Fluentd、Elasticsearch バージョン 1.2.1、Kibata バージョン 3.0.1、を動作させて、ログを流し込むまで、具体的なインストールの例が書かれています。最初に Fluentd、Elasticsearch、Kibana、をはじめるにはとても分かり記事でした。こちらにソースコードがありますので、参考にするといいでしょう。
ちなみに OS X の場合は、td-agent のセットアップは、Homebrew Cask 経由 brew cask info td-agent で簡単にセットアップできるのでお使い下さい。

第六章 Elasticsearch と Kibana を超えて
この章では、実際のウェブサービス「インターネット広告サービス」の実際のサービスを例にとった、とても実践的な解説で必読です。

第七章 まとめと参考文献
Fluentd、Elasticsearch、Kibana、をはじめるための参考文献の紹介です。

【特集2】

第一章 ログ収集の目的とミドルウェアの特徴
現在存在するさまざまなログ収集ソフトウェアの特徴について解説されている記事です。改めて、Fluentd との違いを知るにはよい記事です。

第二章 はじめてみよう Fluentd
特集1の第五章と少し内容が重複していますが、こちらは Fluentd にフォーカスしたアーキテクチャーの開設から始まり、インストール方法、さらに詳しい設定方法が解説されている記事です。特に設定が非常に詳しく解説されており、この記事を読めば、Fluentd の設定の詳細をよりよく理解できるでしょう。

第三章 Fluentd 設計のコツ
Fluentd を実際の環境で構築・運用するためのノードのデザインパターンについて解説されている記事です。自分でこれから Fluentd をあるウェブサービスに導入する場合、どのような Fluentd ノード構成にすればよいのか、それを指南してくれる記事です。

第四章 Fluentd 運用ノウハウ
Fleuntd 構築・導入したあとは、運用が必要となります。この章では、Fluentd の死活・リソース・性能監視の具体的な方法、ログの欠損を防ぐための具体的な工夫など、Fluentd を導入する上で具体的な解説がありますので、Fluentd ユーザは必読です。

第五章 逆引き Fluentd プラグイン
Fluentd には、さざまなプラグインがありますが、各カテゴリ別に各 Fluentd プラグインの解説がされている記事です。プラグインの逆引きリファレンスとして、とても参考になります。

【特集3】

第一章 データストア入門
データストアを格納するためのさまざまソフトウェアの解説記事です。

第二章 Elasticsearch の基礎
Kibana のバックエンドに Elasticsearch が採用されていますが、この Elasticsearch についての概要について解説記事です。Elasticsearch を実際に始める前に読んでおくと、よいでしょう。

第三章 Elasticsearch のはじめ方
Elasticsearch のインストール方法から、設定方法、そして実際の使い方(データの追加方法や検索方法)まで、詳しく解説されている記事です。この記事を読みながら実際に試せば Elasticsearch が分かる記事となっています。

第四章 運用 Tips
Elasticsearch クラスタを運用する上での Tips について書かれている記事です。個人的には、これから Elasticsearch クラスタを運用することになりそうなので、必読です。

第五章 インデックス管理ツールと激選プラグイン
Elasticsearch も Fluentd と同様にさまざまなプラグインがありますが、よく使われる・便利なプラグインについての解説記事です。

第六章 elasticsearch-hadoop
elasticsearch-hadoop という Hadoop クラスタと連携させるためのライブラリについての解説記事です。
Hadoop クラスタと連携できることは知らなかったので、とても参考になりました。

【特集4】

第一章 Kibana の基礎知識
Kibana の概要記事です。

第二章 インストールと設定
Kibana のインストール方法と設定方法です。この記事を読めば、Kibana を簡単にセットアップすることができそうです。

第三章 ダッシュボードとパネル操作
Kibana の Web GUI であるダッシュボードの操作方法についての解説記事です。Kibana の Web GUI は英語のため、日本語で解説されており、非常に分かりやすい記事です。

第四章 データのフィルタリング
Kibana をよりよく使いこなすには、データのフィルタリングを必須となりますが、フィルタリングをする方法について解説されている記事です。

第五章 基本的パネル
Kibana のさまざまな可視化としてのパネルについて解説されている記事です。

第六章 パネルのスタイルとダッシュボードの運用
パネルの表示方法についての解説です。

第七章 Fluentd によるデータ入力
fluentd-plugin-elasticsearch を使って、Elasticsearch にデータを投入する方法について解説されている記事です。

この本は、これから Fluentd、Elasticsearch、Kibana をはじめてみる人はおすすめの本です。Fluentd だけ使い方という人もとても参考になる本なので、まだ読んでいない人は要チェックな本です!

@yoshi_ken さん、ご献本、ありがとうございました!

サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集~可視化編 [現場主導のデータ分析環境を構築!] (Software Design plus)
鈴木 健太 吉田 健太郎 大谷 純 道井 俊介
技術評論社
売り上げランキング: 17,280

サーバ/インフラエンジニア養成読本 管理/監視編

サーバ/インフラエンジニア養成読本 管理/監視編という本が技術評論社より出版されました。私がすこし昔の 2008年6月に Software Design で書いた「Chapter4 実践!システムトラブル一丁両断」の Section 1 記事が掲載されたため、ご献本をいただきました。
ありがとうございます!

この本は、サーバ/インフラエンジニア養成読本シリーズの最新作で、Software Design で過去に掲載された「管理/監視編」の記事をまとめた本になっています。

さまざまなインフラを監視する技術や方法などが多数紹介されているので、インフラエンジニアの方にはおすすめできる本です。

“ソーシャル”なサイト構築のためのWeb API コーディングを一部執筆しました

2011年4月22日に発売された「ソーシャル”なサイト構築のためのWeb API コーディング 」という Web API に関する本を一部執筆しました。Twitter、Flickr、Amazon、YouTube、の Web API の入門編を執筆しました。特に Twitter は OAuth を含む認証手順をシンプルに解説していますので、Web API プログラミングに興味のある方はぜひご覧ください。

自由への扉 – DOORS TO FREEDOM –

ふと立ち寄った本屋さんにサイン本コーナーがあって、「こんなコーナー」あるんだなと思って立ち寄ってみた。そこで「自由への扉 – DOORS TO FREEDOM -」という心にピンときた本があったので購入してみた。

この本は世界中を旅した高橋歩さんという人が写真と一言がのっているとてもアーティスティックな本。

次の言葉が心に残った。

  • WE ARE BRON TO BE FREE.(僕らは、自由に生まれるために生まれてきた。)
  • MEET YOUR JOB.(自分の仕事に出逢おう。)
  • ENJOY THE STORY OF LIVE.(人生という物語を楽しもう。)
  • LOVE & FREE(愛する人と自由な人生を。)

最後の言葉が特にすばらしい。そうだ、そのはずだ。

そして、次の文章はまったくの同感。

  • くだらないことで悩むんは、もうやめよう。いらない荷物はすべて捨ててしまえ。生きていくうえで大切なことはそんなに多くない。
  • 自分は、どうしたいか。本当は、すべて知っているだろう?

さあ、LOVE & FREE をめざして生きていこう!なかなか素敵な本なので、ふと自分を振り返ってつつ、これからの自分について考えたい人にはおすすめできる本です。

Designing Web Interfaces

洋書になるけれど、オライリーから「Designing Web Interfaces」という書籍が発売されました。同時に公式ホームページもあって、公式ホームページをみるとなかなか面白そうです。公式ホームページトップの紹介は、次のとおりとなっています。

This book is not directly about information architecture—although you will find information architecture principles alluded to throughout. This book is also not directly about visual design—although you will find that the backdrop of good visual design is assumed throughout. This book is about interaction design: specifically, interaction design on the Web. And even more specifically, about rich interaction design on the Web.

Six simple design principles underpin 70+ patterns and best practices for creating rich internet applications.

  1. Make it Direct
  2. Keep It Lightweight
  3. Stay on the Page
  4. Provide an Invitation
  5. Use Transitions
  6. React Immediately

思いきって翻訳してみると、次のとおりです。

この本は情報アーキテクチャーそのものの本ではなく、完全にそれとなくふれるように情報アーキテクチャーの指標を見つけることができる本です(意味がよく分からない。。。)。この本は、またビジュアルデザインそのものの本ではなく、よいビジュアルデザインの背景を完全に考察した結果が分かる本です。この本は、対話的なデザインについて本であり、特にウェブ上での対話デザインについての本である。そしてさらに特別にウェブ上のリッチな対話デザインについても書かれています。

リッチなインターネットアプリケーションを作るための70以上のパターンを根拠にした6つのデザイン原則があります。

1. より直感的に

2. よりページを軽く

3. ページに留める

4. 招待を提供する

5. 変化を使う

6. すぐに反応する

著者は、Netflix のエンジニア Bill Scot 氏とデザイナーの Theresa Neil 氏です。Bill Scot 氏といえば、CS193H で紹介した High Performacne Web Pages – Real World Examples: Netflix Case Study の講演者でした。Bill Scot 氏のブログは、Looks Good Workds Well です。Theresa Neil 氏のブログは、Theresaneil’s Weblog です。Theresa Neil 氏のブログには、iPhone のインターフェースのエントリもあって、とても興味深いです。

ブログには、検索結果などのよくあるデザインが詳しく解説されています。ページ数は、339 ページとなっています。

また、Flickr にも関連しているデザイン画が公開されています。

最近、洋書の技術書ばかりになっていて読むのが大変だけれど、ウェブインターフェースデザインというもっとも苦手な分野の本ですが、そのあたりのスキルも身につけたいので購入してみようと思います。おそらく、近いうちに日本語版に翻訳されそうな本ですが。

アメリカの真実

久しぶりに、とても興味深く考えさせられる本を読んだ。「超・格差社会アメリカの真実」この本は、スタンフォード大学に留学したのが初めての海外という小林由美氏によって書かれたアメリカ社会の構図について詳しい考察がされている本。

最初の方は、富の格差について具体的な数字を上げながら紹介されていて、後半は教育環境からアメリカ人の考え方や筆者の体験談などが紹介されていた。

アメリカという社会に興味のある人は、必読の一冊だと思う。

 

 

Trac 入門

Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイドという本が発売になるようだ。

献本していだいたので、ざっくりと本を読んでみた。Trac は日頃から社内の業務ではデファクトスタンダードの BTS ツールとして使っている。

この本では、そのTracの導入する意味から実際に導入するまで、とても丁寧に解説されている本でした。

さらにTracのSubversion連携からアサインの流れまでも解説されているので、この本を読めばTracについて基礎知識は一通り得られるようになっている。

また、Trac 0.11最新版の解説もしてあるのも、とてもありがたい。

Tracのインストール方法も、LinuxからWindowsまで幅広くとても丁寧に解説されているので、この本で安心してTracを導入して使いはじめることができる。

 

ただし、ツールを導入しただけでは大きくは変わらないけれど、ツールの導入するのをきっかけに円滑にコミュニケーションをとれるように意識することも大事なことです。

 

エンジニアのための時間管理術を読んだ

かなり勉強になったと思う。何度か読み返して、すこしずつ改善していこう。

以下、メモ。

  • タイムマネジメントに関するものをすべて一ヶ所にまとめる
  • オーガナイザーとして iPhone or 紙を使う
  • 作業リスト、カレンダー、人生の目標を保存する
  • Emacs howm を試してみる
  • スケジュールなどは覚えきれないので、かならずオーガナイザーにまとめる
  • 毎日、必ず読書の時間を作るようにしよう
  • 今取り組んでいることに頭を使い、それ以外のことには外部ストレージを使用する
  • 日常生活の細かいところまで意識しない、洋服とか食物とか
  • いかにして、今の頭の中で気にしていることを外部ストレージに移すことができるかどうかが勝負
  • 定期的に行うことに対してルーチンを決める
  • 日常生活をなるべくルーチンにして、無意識でルーチンをやれるようにする
  • 習慣やモットーを身につけることにより、事前に判断を下す
  • プロジェクトタイムでは集中力を維持する
  • デスクトップからアイコンを削除して、壁紙をなくす
  • なかなか作業がはかどらないときは、すべてのウィンドウを閉じてから深呼吸してもっとも優先度の高い作業を一つ選ぶ
  • 必ず、ウィンドウの位置を固定にしておく
  • 1時間早く出社して、電子メールを確認するのではなく、優先度の高い作業をやる
  • 最初に、nagios の画面をみてシステムに問題が発生していないか確認する習慣をつける、nagios でアラートが発生したら緊急事態なので通知してくれるクライアントアプリケーションが必要
  • とくにかくやる気がでないときでも、作業に着手してみよう
  • 会議に時間を気にしないようにするため、アラームをセットする
  • これらのツールを仕事以外の時間管にも応用し、日常生活を改善する

私はこうして受付からCEOになった

カーリーさんの「私はこうして受付からCEOになった」を読んだ。大企業の CEO の本を久しぶりに読んだけれど、とても面白くて食いついて読みました。

この本でいくか、心に残った言葉を残しておく。

  • P.17「私の人生は、私のもの。やりたいことをやらなければ。」
  • P.38「信念があれば、そのうちきっと誰かに通じること。ベストを尽くせばチャンスの扉は開かれること。」
  • P.116 「酒席の付き合いは人と親しくなるよい方法だと、いまでは私は考えている。…郷に入っては郷に従う。相手の習慣になじむことは、共通の理解を深める大きな一歩である。」
  • P.130「つまりリーダーは医師のようなものだ。対処療法をするのではなく、病気の根本原因を見つける。」
  • P.165「ねえ、もしかしたらあなた、いつかヒューレット・パッカードのCEOになるかもしれないわね」なぜ母はそんなことを言ったのだろう。二人の話題に上がったことすらなかった。私は笑い飛ばした。
  • 急進的なアイディア、奇想天外なアイディアは、悪いアイディアではない
カーリーさんの常にその場でベストを尽くすという姿勢はとてもすばらしいことだと思うし、僕もそうでありたい。
そして、何よりも大事なのは自分のやりたいことをする。さらには、愛する人たちと幸せな生活を送ることが、人生の幸せなのかもしれないとふと感じた。
  • 1
  • 2